転職の悩み相談

マイナビ転職の激辛面接官が語る間違いだらけの転職活動とは? 8冊もの就職・転職の書籍の出版実績があり、2万人を超える豊富なキャリアカウンセリング経験を持つプロのキャリアカウンセラーが、失敗しない転職活動のコツを書き綴ります。

職歴欄

職歴欄の効果的な書き方とは?

有名転職サイト「マイナビ転職」で3代目激辛面接官を務めましたキャリアカウンセラーの中谷です。


キャリアカウンセラーの募集です。
http://blog.livedoor.jp/happy_career/archives/51637249.html



2014年3月15日から中高年の応募書類について、シリーズで書いています。

初めてここに来られた方は、バックナンバーからお読みすることをお勧めします。



さて、今日も履歴書について。

昨日の続きの項目の書き方説明になります。


今回は履歴書の職歴欄について。

ここは採用人事が最も知りたいことの一つになります。


この世代の転職で必ず厳しくチェックされるのが、退職理由の妥当性です。

たとえば、十数年前に自らのわがままで当時の勤務先を自己都合退職したとしても、「若気の至り」で済まされることでしょう。


しかし、この直近の数年間に同じようなわがままな辞め方をしていたり、転職回数が多いのは、やはりいい印象は持たれません。


だから、ただ単に「○○株式会社 退社」と書くのではなく、先回りしてその理由に触れておくことが大切。

たとえば、「同社倒産による会社都合退職」と書いておけば、本人の力では到底及ばない不可抗力のせいで退職した、ということが明確に伝わりますので、これは明瞭に堂々と書いた方がいいことになります。


これとは逆に、人間関係が嫌になって自ら退職した場合は、「一身上の都合による退職」とサラリと触れておくレベルでとどめておきましょう。


まとめますと、人間関係の悪さや給与の安さ、休みのなさなどが退職要因となったような、本音や事実をありのまま伝えてしまうと、自分にとってマイナス評価につながる、誤解を招くといった、不利な事由はサラリと書いておきます。


<PR>
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

20,000人を超えるキャリアカウンセリング実績があるキャリアカウンセラー中谷本人が、あなたの就職・転職に関するお悩み・不安を、しっかりとお聴きしたうえでアドバイスいたします。

初回のお電話によるご相談は無料ですので、お気軽にお申し付けください。

ご希望の方は、初回無料相談メールフォームから、お申し込み下さい。

※予約なしのご相談はお受けしておりませんので、予めご了承ください。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

その一方で、勤務していた事業所や工場の廃止・撤退で代替え勤務地が示されないような、100%会社都合によるものや、部署ごと海外に全面移転することが決定し、海外赴任ができずに自ら退社した、といった、誰もがやむを得ないと認めてもらえる事由であれば、できるだけ具体的に書いておくのが最善の方法です。


なお、この世代からよく質問されるのが、リストラ対象となって退職を余儀なくされた場合の表現方法です。

「この事実自体、マイナス評価につながるのでは?」と懸念する人が多いのですが、今や大手電機メーカーのような一部上場企業であっても何千人、何万人という単位で大量リストラしている時代です。

リストラの憂き目に遭ったという話はもはや日常茶飯事で、採用人事も応募者固有の特殊事情とは見ません。

それなので、「経営不振による人員削減策に応じたゆえの会社都合退職」というように、粛々と書いておけば大丈夫です。






引き続きこのブログで、シリーズ化して「通る応募書類の書き方」について、レクチャーしていきます。





・・・次号に続く・・・



もし自分の就職・転職活動がうまくいっていないようでしたら、ぜひ経験豊富な私にご連絡下さい。


きっと解決の糸口が見つかるはずです。




就職・転職に関するご相談につきましては、
初回無料相談メールフォームから、お申し込み下さい。


コメントやトラックバックもお待ちしています。
できる限りご返信します!



↓最後に私の運営するホームページのご紹介です。↓

職務経歴書作成代行、職務経歴書の添削なら
キャリアカウンセラーなかや事務所

女性のための転職支援サイト
女性の転職相談室

20代の女性の転職を支援するサイト
20代女性の転職相談室

30代の女性の転職を支援するサイト
30代女性の転職相談室

リストラに直面した方を支援するサイト
リストラ110番

起業を志し株式会社を設立するなら
株式会社設立支援センター

転職活動のマンツーマンコーチなら
マンツーマンの転職支援

面接が苦手な方に
転職の面接対策センター

自己PR作成代行なら
自己PR作成代行

職務経歴書作成代行なら
職務経歴書作成代行サービスセンター

志望動機作成代行なら
志望動機作成代行

就職活動の家庭教師なら
就活の家庭教師

中高年の転職の悩み相談は
中高年の転職の悩み相談室

就職活動を支援する塾
就活塾

エントリーシートの作成代行・添削なら
エントリーシート作成代行

職歴欄の効果的な書き方とは?

有名転職サイト「マイナビ転職」で3代目激辛面接官を務めましたキャリアカウンセラーの中谷です。


キャリアカウンセラーの募集です。
http://blog.livedoor.jp/happy_career/archives/51637249.html



2014年3月15日から中高年の応募書類について、シリーズで書いています。

初めてここに来られた方は、バックナンバーからお読みすることをお勧めします。



さて、今日も履歴書について。

昨日の続きの項目の書き方説明になります。


今回は履歴書の職歴欄について。

ここは採用人事が最も知りたいことの一つになります。


どの履歴書フォームであっても、この職歴欄のスペースは多くを確保してありますので、うまく表現して自身のPRにつなげる必要があります。

当然、この年代になると個々によって職歴が大きく違うために、十把一絡げではなく、ケースごとに分けて考え作成する必要がありますが、共通して言える大事なことは、「適度なボリュームで自身の職歴の大要を伝えること」です。


たとえば、1社しか勤務経験がない場合に、入社と退社の2行だけの記載では、余白が目立ち過ぎますし、あまりにも提供する情報が乏し過ぎると言えます。

これでは転職する意欲を感じ取ることができません。


これとは逆に、中高年が犯しがちなのが、書き過ぎてしまうということ。

業務内容の詳細をここで長々と複数行に渡って展開してしまうのが、その典型例です。実は同じことがそっくりそのまま職務経歴書にも書いてあって、採用人事に2度同じことを読ませるという非常に非効率なケースに陥っています。

これでは、この世代に備わっているべき書類作成能力やプレゼン力が不足していると見限られてしまいます。


<PR>
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

20,000人を超えるキャリアカウンセリング実績があるキャリアカウンセラー中谷本人が、あなたの就職・転職に関するお悩み・不安を、しっかりとお聴きしたうえでアドバイスいたします。

初回のお電話によるご相談は無料ですので、お気軽にお申し付けください。

ご希望の方は、初回無料相談メールフォームから、お申し込み下さい。

※予約なしのご相談はお受けしておりませんので、予めご了承ください。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


それではどうすればよいか? という点ですが、採用人事はここで応募者の職歴のあらましを時系列で見たい、という点をまずおさえてください。

だから、単に入社した、退社しただけではなく、その配属先や業務概要、役職名などの大まかなポイントを書くようにします。


ただし、これが度を超えると、職務経歴書で書いた方がよいレベルの職務詳細の記載になりますので、注意が必要です。

要は履歴書全体のバランスを見ながら、職務経歴書との整合性や連動性を意識して書くことが求められます。


なお、先ほど余白が目立ち過ぎる点について警鐘を鳴らしましたが、転職回数がない、もしくは少ない場合、適度なボリュームで書いても、埋まらない余白は必ず発生します。

こういった場合は、変に神経質にならないで大丈夫です、余白を怖がる必要はありません。





引き続きこのブログで、シリーズ化して「通る応募書類の書き方」について、レクチャーしていきます。





・・・次号に続く・・・



もし自分の就職・転職活動がうまくいっていないようでしたら、ぜひ経験豊富な私にご連絡下さい。


きっと解決の糸口が見つかるはずです。




就職・転職に関するご相談につきましては、
初回無料相談メールフォームから、お申し込み下さい。


コメントやトラックバックもお待ちしています。
できる限りご返信します!



↓最後に私の運営するホームページのご紹介です。↓

職務経歴書作成代行、職務経歴書の添削なら
キャリアカウンセラーなかや事務所

女性のための転職支援サイト
女性の転職相談室

20代の女性の転職を支援するサイト
20代女性の転職相談室

30代の女性の転職を支援するサイト
30代女性の転職相談室

リストラに直面した方を支援するサイト
リストラ110番

起業を志し株式会社を設立するなら
株式会社設立支援センター

転職活動のマンツーマンコーチなら
マンツーマンの転職支援

面接が苦手な方に
転職の面接対策センター

自己PR作成代行なら
自己PR作成代行

職務経歴書作成代行なら
職務経歴書作成代行サービスセンター

志望動機作成代行なら
志望動機作成代行

就職活動の家庭教師なら
就活の家庭教師

中高年の転職の悩み相談は
中高年の転職の悩み相談室

就職活動を支援する塾
就活塾

エントリーシートの作成代行・添削なら
エントリーシート作成代行

個人情報欄・学歴欄の効果的な書き方とは?

有名転職サイト「マイナビ転職」で3代目激辛面接官を務めましたキャリアカウンセラーの中谷です。


キャリアカウンセラーの募集です。
http://blog.livedoor.jp/happy_career/archives/51637249.html



2014年3月15日から中高年の応募書類について、シリーズで書いています。

初めてここに来られた方は、バックナンバーからお読みすることをお勧めします。



さて、今日も履歴書について。


<タイトル>2-6<サブタイトル>個人情報はきちんと書けて当たり前、一つのミスも許されない
<小見出し>和暦・西暦の混在、ふりがなの振り間違いなども採用人事はチェックしている!




この世代であれば、個人情報欄は記載に創意工夫の必要のない項目ばかりですので、枠を埋めていけばきちんと書けるはずです。

ただし、逆を言うと100%完璧に書けないと、マイナス評価につながりますので、油断は禁物。この年代が犯しやすいミスについて、項目ごとに解説していきます。


まず一番上の年月日。

ここは実際に書いた年月日を書く、提出する年月日を書く、と2つの説がありますが、採用人事に着くタイミングが数日程度でそう大きくずれてなければどちらでも構いません。


それよりも一番問題なのは、後で書く学歴欄、職歴欄、免許・資格欄との表記の違い。

この年月日は和暦で書いたのに、学歴欄などは西暦で書いてある、という表記上の不一致を採用人事は見逃しません。


実際、かなりの確率でこの不一致が発生しています、つまらないところでマイナス印象を与えないように、必ず全てどちらかに統一するようにしてください。

日系企業は和暦がよく、外資系企業は西暦と一般的に言われていますが、ここは日本ですので、迷ったら和暦で統一するようにしてください。


次に氏名欄。

自分の名前を書き損じる人はいないと思いますが、ここでは「ふりがな」に注意してください。

前述のとおり、「ふりがな」とあるとひらがなで、「フリガナ」とあるとカタカナで、読み仮名を振ります。


生年月日欄は、和暦・西暦の統一だけ意識してください。


性別欄は片方を○で囲むだけです。


現住所欄は、住民票に掲載されている正式な住所表記を書くようにしてください。

たとえば住所に「大字」が付く場合は省かずに住民票どおりそのまま書くことです。

またよくあるのが、町・番地・号等の略式表記。2-13-4と略して書くのではなく、2丁目13番地4号といったように正式な表記を書くようにします。

マンション名やアパート名も略さずに、必ず住民票どおりに記載します。



<PR>
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

20,000人を超えるキャリアカウンセリング実績があるキャリアカウンセラー中谷本人が、あなたの就職・転職に関するお悩み・不安を、しっかりとお聴きしたうえでアドバイスいたします。

初回のお電話によるご相談は無料ですので、お気軽にお申し付けください。

ご希望の方は、初回無料相談メールフォームから、お申し込み下さい。

※予約なしのご相談はお受けしておりませんので、予めご了承ください。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

また現住所の「ふりがな」も忘れずに振ること。

結構記載漏れが目立つところです。


電話欄ですが、携帯電話番号欄がない形式のものは基本的には上段に固定電話、下段に携帯電話を書くのが一般的。

今は固定電話を持たない人も多いのですが、そこに生活実態があることを証明できますので、固定電話がある場合はきちんと表記してください。




引き続きこのブログで、シリーズ化して「通る応募書類の書き方」について、レクチャーしていきます。





・・・次号に続く・・・



もし自分の就職・転職活動がうまくいっていないようでしたら、ぜひ経験豊富な私にご連絡下さい。


きっと解決の糸口が見つかるはずです。




就職・転職に関するご相談につきましては、
初回無料相談メールフォームから、お申し込み下さい。


コメントやトラックバックもお待ちしています。
できる限りご返信します!



↓最後に私の運営するホームページのご紹介です。↓

職務経歴書作成代行、職務経歴書の添削なら
キャリアカウンセラーなかや事務所

女性のための転職支援サイト
女性の転職相談室

20代の女性の転職を支援するサイト
20代女性の転職相談室

30代の女性の転職を支援するサイト
30代女性の転職相談室

リストラに直面した方を支援するサイト
リストラ110番

起業を志し株式会社を設立するなら
株式会社設立支援センター

転職活動のマンツーマンコーチなら
マンツーマンの転職支援

面接が苦手な方に
転職の面接対策センター

自己PR作成代行なら
自己PR作成代行

職務経歴書作成代行なら
職務経歴書作成代行サービスセンター

志望動機作成代行なら
志望動機作成代行

就職活動の家庭教師なら
就活の家庭教師

中高年の転職の悩み相談は
中高年の転職の悩み相談室

就職活動を支援する塾
就活塾

エントリーシートの作成代行・添削なら
エントリーシート作成代行

プロフィール
私の出版
運営サイト
<中谷充宏運営サイト>
ツイッター
M&Nコンサルティング
1円からはじめる起業成功法
残業代削減対策室
就業規則ナビ
リストラ110番
激辛面接官の就職・転職のコツ
天職成功法
合同会社設立支援センター
株式会社設立支援センター
改正雇用安定法の対応
特定労働者派遣事業届出センター
探偵業届出サポートセンター
一般労働者派遣事業許可申請センター
埼玉NPO法人設立支援センター
退職金規定(退職金規程).com
借用書の書き方サポートセンター
埼玉県さいたま市会社設立センター
浮気の悩み相談
リストラ策導入センター
一般社団法人設立センター
紹介予定派遣許可申請センター
会社設立助成金センター
女性の転職相談室
会社定款作成センター
30代女性の転職相談室
20代女性の転職相談室
転職の面接対策センター
キャリアカウンセラーなかや事務所
自己PR作成代行
職務経歴書作成代行センター
志望動機作成代行
就活の家庭教師
中高年の転職の悩み相談室
就活塾
就活塾モバイル
エントリーシート作成代行


マスコミ取材・執筆のご依頼は↓
TEL:048(650)5139
E-mail:nakaya@careercafe.jp
NHK、ニッポン放送、週刊現代、サンデー毎日、BIG tomorrow、リクルートB-ing、アサヒ芸能、マイナビ転職など、数々の取材実績あり。
原則無料でお引き受け致します!
無料相談
就職活動・転職活動で困ったら

無料相談メールフォームまで

中谷に直接届きます!
広告
ご案内
転職者に優しい会社、
私の実感です




女性専用の転職サイト
女性コンサルがいるとのこと


メルマガ
『激辛面接官が語る、失敗しない転職活動のコツ』
(ID:0000201421) 読者登録解除フォーム

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。


登録フォーム






解除フォーム







『まぐまぐ!』から発行しています。

このブログでは書けない?転職ノウハウを赤裸々に語ります。
今すぐ登録を!
QRコード
QRコード
最新コメント
  • ライブドアブログ