転職の悩み相談

マイナビ転職の激辛面接官が語る間違いだらけの転職活動とは? 8冊もの就職・転職の書籍の出版実績があり、2万人を超える豊富なキャリアカウンセリング経験を持つプロのキャリアカウンセラーが、失敗しない転職活動のコツを書き綴ります。

条件

よく見る「リクナビ」「マイナビ」とは何なのか?

有名転職サイト「マイナビ転職」で3代目激辛面接官を務め、

就職・転職関係の書籍を8冊上梓しています、

キャリアカウンセラー中谷です。


今までキャリア支援させていただいた方について、簡単に触れさせてください。

東証一部上場企業や有名企業の社員の方々は、それこそ多数で、

それ以外にも、医師、公認会計士、米国MBAホルダー、上場企業の代表取締役、

大手ブランドの代表取締役、メガバンクの部長、大手電機メーカーの部長、税理士、

TOEIC990点ホルダー、米国IT企業社員、政令指定都市職員、キャビンアテンダント、

といったいわゆるエグゼクティブ層から、

ブランクが2年空いている、転職回数が次で26回目になる、

半年で1,000社応募したが決まらない、もう65歳、72歳なので年齢ではじかれる、

といった転職・再就職苦戦組まで、

幅広い方々のキャリア支援をさせていただいた実績があります。



重版が決まりました!

4mensetu



105問もの想定質問と、それに対するNGとOKの回答例を掲載しています。

面接に悩む方はぜひ!








さて今月から再開したブログですが、

私がキャリア支援の第一線で経験してきたノウハウを、できるだけ包み隠さずに

公開していければと思っています。

そして今、公開しているネタは、私の7冊目の、この書籍からチョイスしています。

430dai




そういえば、先日、マイナビ転職で

http://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/shafu

取材を受けましたので、公開しておきますね。


********************************
応募書類のサンプルが欲しい方は↓
中高年向け職務経歴書のサンプル集
********************************


さて、今日のテーマは、

よく見る「リクナビ」「マイナビ」とは何なのか?

です。

みなさんもこの2つは、一度は目にしたことがあるでしょう。

転職サイトもあまたありますが、転職求人シェアを2分する超大手転職サイトです。

なお転職サイトは、求人の掲載広告料で成り立っています。

求人掲載には何十万もかかるので、前述のハローワークと比べて採用の本気度が高い点が特徴で、

筆者が推奨する理由の一つになっています。

どちらか片方だけ見ておけば大丈夫、と考える人がいますが、これは誤り。

資金が潤沢な大手企業や積極採用企業だと、両サイトに掲載することがよくあるので、

このような勘違いを生んでいるのでしょう。

2つは全くの別物なので、実は片方しか掲載していない求人が大半です。

なので、必ず両方をチェックするようにしましょう。

今はどちらも同じような機能を備えており、大差がありません。

共通の問題として、WEBレジュメというWEB上の履歴書・職務経歴書の情報を入力する必要があり、

驚くくらい入力項目とそのボリュームが多いので、途中で投げ出す人もいます。

ただ、これを求人企業に送るだけで応募が完了するので、

転職活動の準備段階で我慢強く仕上げるのが大事になってきます。

また条件検索機能はもちろんのこと、希望条件に合った求人を知らせてくれるアラート機能といった

便利な機能も充実していますので、転職世代のみなさんが使わない手はありません。

ただし、一点だけ。

35歳を過ぎると、両サイトともに応募できる求人が激減します。

この場合は、日経キャリアNETを活用してみてください。


今日のまとめ

2大転職サイトの活用は必須



・・・次号に続く・・・



もし自分の就職・転職活動がうまくいっていないようでしたら、ぜひ経験豊富な私にご連絡下さい。


きっと解決の糸口が見つかるはずです。


就職・転職に関するご相談につきましては、
初回無料相談メールフォームから、お申し込み下さい。





↓最後に私の運営するホームページのご紹介です。↓

中高年の転職の悩み相談は
中高年の転職の悩み相談室

女性のための転職支援サイト
女性の転職相談室

20代の女性の転職を支援するサイト
20代女性の転職相談室

30代の女性の転職を支援するサイト
30代女性の転職相談室

リストラに直面した方を支援するサイト
リストラ110番

面接が苦手な方に
転職の面接対策センター

自己PR作成代行なら
自己PR作成代行

職務経歴書作成代行なら
職務経歴書作成代行サービスセンター

志望動機作成代行なら
志望動機作成代行

エントリーシートの作成代行・添削なら
エントリーシート作成代行

ハローワークは活用すべきなのか?

有名転職サイト「マイナビ転職」で3代目激辛面接官を務め、

就職・転職関係の書籍を8冊上梓しています、

キャリアカウンセラー中谷です。


今までキャリア支援させていただいた方について、簡単に触れさせてください。

東証一部上場企業や有名企業の社員の方々は、それこそ多数で、

それ以外にも、医師、公認会計士、米国MBAホルダー、上場企業の代表取締役、

大手ブランドの代表取締役、メガバンクの部長、大手電機メーカーの部長、税理士、

TOEIC990点ホルダー、米国IT企業社員、政令指定都市職員、キャビンアテンダント、

といったいわゆるエグゼクティブ層から、

ブランクが2年空いている、転職回数が次で26回目になる、

半年で1,000社応募したが決まらない、もう65歳、72歳なので年齢ではじかれる、

といった転職・再就職苦戦組まで、

幅広い方々のキャリア支援をさせていただいた実績があります。



重版が決まりました!

4mensetu

105問もの想定質問と、それに対するNGとOKの回答例を掲載しています。

面接に悩む方はぜひ!



さて今月から再開したブログですが、

私がキャリア支援の第一線で経験してきたノウハウを、できるだけ包み隠さずに

公開していければと思っています。

そして今、公開しているネタは、私の7冊目の、この書籍からチョイスしています。

430dai




そういえば、先日、マイナビ転職で

http://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/shafu

取材を受けましたので、公開しておきますね。


********************************
応募書類のサンプルが欲しい方は↓
中高年向け職務経歴書のサンプル集
********************************


さて、今日のテーマは、

ハローワークは活用すべきなのか?

です。

失業者の出入りが多いこともあり、あまりいいイメージを持っていない人もいらっしゃるでしょう。

しかし、ハローワーク内でしか公開していない求人もありますし、

ネットと異なり地域密着型の求人や、幅広い年齢層を対象とした求人が豊富ですので、

ぜひハローワークも活用してください。

ハローワーク内で、みなさんが利用すべき場所は、求人検索コーナーと職業紹介コーナーの2つ。

まず求人検索コーナーの窓口で「求人検索したい」旨を伝えれば、

指定番号の検索端末を使うように言われます。

検索端末にタッチペンで年齢や地域、希望職種などを入力して検索すると、

求人情報が出てきます。

通常は検索端末の下にプリンタがあり、検索した求人情報を5つまで印刷できます。

印刷した求人に応募する場合、職業紹介コーナーに移動し、

備え付けの登録用紙を書いて担当職員に渡します。

その際、今その求人に何人応募しているか、や、そもそもあなたが応募可能かどうか、といった件を

職員があなたと求人企業との間に入って確認、調整してくれます。

そして応募するに至ったら、応募先に渡す「紹介状」をもらう仕組みになっています。

決してハードルは高くない、便利な施設ですので、積極活用しましょう。

ちなみに混雑時には結構待たされます。できれば朝一に行くようにしましょう。


今日のまとめ

ハローワークの特性を理解して活用しよう!



・・・次号に続く・・・



もし自分の就職・転職活動がうまくいっていないようでしたら、ぜひ経験豊富な私にご連絡下さい。


きっと解決の糸口が見つかるはずです。


就職・転職に関するご相談につきましては、
初回無料相談メールフォームから、お申し込み下さい。





↓最後に私の運営するホームページのご紹介です。↓

中高年の転職の悩み相談は
中高年の転職の悩み相談室

女性のための転職支援サイト
女性の転職相談室

20代の女性の転職を支援するサイト
20代女性の転職相談室

30代の女性の転職を支援するサイト
30代女性の転職相談室

リストラに直面した方を支援するサイト
リストラ110番

面接が苦手な方に
転職の面接対策センター

自己PR作成代行なら
自己PR作成代行

職務経歴書作成代行なら
職務経歴書作成代行サービスセンター

志望動機作成代行なら
志望動機作成代行

エントリーシートの作成代行・添削なら
エントリーシート作成代行

求人情報のどこをどう見ればいいのか?

有名転職サイト「マイナビ転職」で3代目激辛面接官を務め、

就職・転職関係の書籍を8冊上梓しています、

キャリアカウンセラー中谷です。


今までキャリア支援させていただいた方について、簡単に触れさせてください。

東証一部上場企業や有名企業の社員の方々は、それこそ多数で、

それ以外にも、医師、公認会計士、米国MBAホルダー、上場企業の代表取締役、

大手ブランドの代表取締役、メガバンクの部長、大手電機メーカーの部長、税理士、

TOEIC990点ホルダー、米国IT企業社員、政令指定都市職員、キャビンアテンダント、

といったいわゆるエグゼクティブ層から、

ブランクが2年空いている、転職回数が次で26回目になる、

半年で1,000社応募したが決まらない、もう65歳、72歳なので年齢ではじかれる、

といった転職・再就職苦戦組まで、

幅広い方々のキャリア支援をさせていただいた実績があります。



重版が決まりました!

4mensetu

105問もの想定質問と、それに対するNGとOKの回答例を掲載しています。

面接に悩む方はぜひ!



さて先週から再開したブログですが、

私がキャリア支援の第一線で経験してきたノウハウを、できるだけ包み隠さずに

公開していければと思っています。

そして今、公開しているネタは、私の7冊目の、この書籍からチョイスしています。

430dai




そういえば、先日、マイナビ転職で

http://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/shafu

取材を受けましたので、公開しておきますね。


********************************
応募書類のサンプルが欲しい方は↓
中高年向け職務経歴書のサンプル集
********************************


さて、今日のテーマは、

求人情報のどこをどう見ればいいのか?

です。

転職によって給与を上げたい、という想いは、ちょうど仕事に脂がのってきた30代以降が最も強いと言えます。

よって、求人情報の中で真っ先に給与額を見る、というのはわかりますが、

ただこれにこだわり過ぎると、転職のチャンスを逃すことは、念頭に置いておいてください。

30代といえども、実は年齢制限に引っかかるケースが多いので、まずは応募可能な求人かどうか、

をチェックするのが最優先です。

求人情報に「20代が活躍できる職場です」や「第二新卒歓迎!!」といった

キャッチコピーが並んでいたり、

若手社員ばかりが集合している職場の写真が掲載されていたら、

30代以降を対象にしていない証ととらえてください。

年齢制限をクリアできそうだとなれば、企業の求める人物像に合っているか、

「必須条件」欄を見ます。

これを満たしていないけれども、似たような経験があるから、やる気があるから、大丈夫だろう、

自分勝手に判断しても絶対に採用されないことは理解していてください。

そして最後に、前述の「ー分を知る」で整理した、譲れない条件を満たしているかを見てください。

たとえば、転勤はできない、という譲れない条件があれば、

勤務地の欄をしっかりチェックする必要があるということです。

選考が随分と進んでから、実は「全国転勤あり」に気づいても遅いですからね。


今日のまとめ

応募の可否を見極めること




・・・次号に続く・・・



もし自分の就職・転職活動がうまくいっていないようでしたら、ぜひ経験豊富な私にご連絡下さい。


きっと解決の糸口が見つかるはずです。


就職・転職に関するご相談につきましては、
初回無料相談メールフォームから、お申し込み下さい。





↓最後に私の運営するホームページのご紹介です。↓

中高年の転職の悩み相談は
中高年の転職の悩み相談室

女性のための転職支援サイト
女性の転職相談室

20代の女性の転職を支援するサイト
20代女性の転職相談室

30代の女性の転職を支援するサイト
30代女性の転職相談室

リストラに直面した方を支援するサイト
リストラ110番

面接が苦手な方に
転職の面接対策センター

自己PR作成代行なら
自己PR作成代行

職務経歴書作成代行なら
職務経歴書作成代行サービスセンター

志望動機作成代行なら
志望動機作成代行

エントリーシートの作成代行・添削なら
エントリーシート作成代行

求人情報はどこで入手すればいい?

有名転職サイト「マイナビ転職」で3代目激辛面接官を務め、

就職・転職関係の書籍を8冊上梓しています、

キャリアカウンセラー中谷です。


今までキャリア支援させていただいた方について、簡単に触れさせてください。

東証一部上場企業や有名企業の社員の方々は、それこそ多数で、

それ以外にも、医師、公認会計士、米国MBAホルダー、上場企業の代表取締役、

大手ブランドの代表取締役、メガバンクの部長、大手電機メーカーの部長、税理士、

TOEIC990点ホルダー、米国IT企業社員、政令指定都市職員、キャビンアテンダント、

といったいわゆるエグゼクティブ層から、

ブランクが2年空いている、転職回数が次で26回目になる、

半年で1,000社応募したが決まらない、もう65歳、72歳なので年齢ではじかれる、

といった転職・再就職苦戦組まで、

幅広い方々のキャリア支援をさせていただいた実績があります。



重版が決まりました!

4mensetu

105問もの想定質問と、それに対するNGとOKの回答例を掲載しています。

面接に悩む方はぜひ!



さて先週から再開したブログですが、

私がキャリア支援の第一線で経験してきたノウハウを、できるだけ包み隠さずに

公開していければと思っています。

そして今、公開しているネタは、私の7冊目の、この書籍からチョイスしています。

430dai




そういえば、先日、マイナビ転職で

http://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/shafu

取材を受けましたので、公開しておきますね。


********************************
応募書類のサンプルが欲しい方は↓
中高年向け職務経歴書のサンプル集
********************************


さて、今までは退職の仕方を中心に説明しましたが、

前々回より転職活動の仕方に入っていっています。

今日のテーマですが、

求人情報はどこで入手すればいい?

です。

求人情報を入手する方法といえば、

「ハローワークに行く」、「ネット上で探す」、「新聞の求人広告を見る」、「求人誌を見る」あたりを

イメージされるのではないでしょうか?

その中でも、パソコンやスマートフォンでネット検索して求人を探すのが、

皆さんの年代なら、最もポピュラーなやり方でしょう。

しかし、ネット上には溢れんばかりの求人情報があり、どこに自分が求める求人があるのか、

一体どこを見ればいいのか、わかっていない人がほとんどで、非常に効率の悪い探し方に陥っています。

そこでお勧めなのが、Indeed(インディード)というサイト。

これは求人情報専門の検索エンジンで、言ってしまえば求人版Googleといった定義がピッタリくるサイトです。

このサイトで「キーワード」と「勤務地」を入力すれば、ネット上に公開されている求人情報を収集してくれます。

更にはジョブアラートメールといって、その検索結果の新着求人をメールで送ってくれる、という、

時間のない中高年にとって、うれしい機能まであります。

今までだと、マイナビ、リクナビ、ハローワークインターネットサービスといった各転職情報サイトを、

個別にチェックしなければなりませんでしたが、

これを使えばネット上の求人情報を横断的にまとめて収集してくれるのです。

そして利用料はかかりませんので、使わない手はありません。


今日のまとめ 

Indeedを活用しよう!


・・・次号に続く・・・



もし自分の就職・転職活動がうまくいっていないようでしたら、ぜひ経験豊富な私にご連絡下さい。


きっと解決の糸口が見つかるはずです。


就職・転職に関するご相談につきましては、
初回無料相談メールフォームから、お申し込み下さい。





↓最後に私の運営するホームページのご紹介です。↓

中高年の転職の悩み相談は
中高年の転職の悩み相談室

女性のための転職支援サイト
女性の転職相談室

20代の女性の転職を支援するサイト
20代女性の転職相談室

30代の女性の転職を支援するサイト
30代女性の転職相談室

リストラに直面した方を支援するサイト
リストラ110番

面接が苦手な方に
転職の面接対策センター

自己PR作成代行なら
自己PR作成代行

職務経歴書作成代行なら
職務経歴書作成代行サービスセンター

志望動機作成代行なら
志望動機作成代行

エントリーシートの作成代行・添削なら
エントリーシート作成代行

まず最初に手をつけるべきことは?

有名転職サイト「マイナビ転職」で3代目激辛面接官を務め、

就職・転職関係の書籍を8冊上梓しています、

キャリアカウンセラー中谷です。


今までキャリア支援させていただいた方について、簡単に触れさせてください。

東証一部上場企業や有名企業の社員の方々は、それこそ多数で、

それ以外にも、医師、公認会計士、米国MBAホルダー、上場企業の代表取締役、

大手ブランドの代表取締役、メガバンクの部長、大手電機メーカーの部長、税理士、

TOEIC990点ホルダー、米国IT企業社員、政令指定都市職員、キャビンアテンダント、

といったいわゆるエグゼクティブ層から、

ブランクが2年空いている、転職回数が次で26回目になる、

半年で1,000社応募したが決まらない、もう65歳、72歳なので年齢ではじかれる、

といった転職・再就職苦戦組まで、

幅広い方々のキャリア支援をさせていただいた実績があります。



重版が決まりました!

4mensetu

105問もの想定質問と、それに対するNGとOKの回答例を掲載しています。

面接に悩む方はぜひ!



さて先週から再開したブログですが、

私がキャリア支援の第一線で経験してきたノウハウを、できるだけ包み隠さずに

公開していければと思っています。

そして今、公開しているネタは、私の7冊目の、この書籍からチョイスしています。

430dai




そういえば、先日、マイナビ転職で

http://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/shafu

取材を受けましたので、公開しておきますね。


********************************
応募書類のサンプルが欲しい方は↓
中高年向け職務経歴書のサンプル集
********************************


さて、今までは退職の仕方を中心に説明しましたが、

前回より転職活動の仕方に入っていっています。

今日のテーマですが、

まず最初に手をつけるべきことは?

です。

転職に関して自分の考え方を整理していない状態で、

「よさげな求人見つけたから応募してみよう」的な、

思いつきで転職活動を始めると失敗につながる可能性大です。

なので、ここはセオリーどおり「ー分を知る」から着手します。

(前回のブログ参照)

これはつまり、転職への覚悟と転職に際して譲れない条件の2つを決めておくことです。

なぜ今、転職するのか?しなければならないのか?今の仕事が嫌だから、上司と合わないから、

だったら次の会社にだってありえる。

転職のリスクも理解した上で、腹をくくらなければなりません。

次に、転職にあたって譲れない条件を整理しておくことです。

たとえば、営業をやりたくないはずだったのに、会社説明会での「誰でもできます!」的な

セールストークと好待遇に釣られて営業に転職。

しかし数字を残せずに短期でクビになった、みたいな失敗例は枚挙に暇がありません。

最初から営業は対象外と条件を明確にしておけば、こういった失敗はしないのです。

なお、「自分って何?」とか「やりたいこととは?」みたいな、就活生がやる自己分析は、

働くことの大変さや理想と現実の違いを肌身で理解している年代にとっては無意味、やめておきましょう。


今日のまとめ  

腹をくくり譲れない条件を決める


・・・次号に続く・・・



もし自分の就職・転職活動がうまくいっていないようでしたら、ぜひ経験豊富な私にご連絡下さい。


きっと解決の糸口が見つかるはずです。


就職・転職に関するご相談につきましては、
初回無料相談メールフォームから、お申し込み下さい。





↓最後に私の運営するホームページのご紹介です。↓

中高年の転職の悩み相談は
中高年の転職の悩み相談室

女性のための転職支援サイト
女性の転職相談室

20代の女性の転職を支援するサイト
20代女性の転職相談室

30代の女性の転職を支援するサイト
30代女性の転職相談室

リストラに直面した方を支援するサイト
リストラ110番

面接が苦手な方に
転職の面接対策センター

自己PR作成代行なら
自己PR作成代行

職務経歴書作成代行なら
職務経歴書作成代行サービスセンター

志望動機作成代行なら
志望動機作成代行

エントリーシートの作成代行・添削なら
エントリーシート作成代行

プロフィール
私の出版
運営サイト
<中谷充宏運営サイト>
ツイッター
M&Nコンサルティング
1円からはじめる起業成功法
残業代削減対策室
就業規則ナビ
リストラ110番
激辛面接官の就職・転職のコツ
天職成功法
合同会社設立支援センター
株式会社設立支援センター
改正雇用安定法の対応
特定労働者派遣事業届出センター
探偵業届出サポートセンター
一般労働者派遣事業許可申請センター
埼玉NPO法人設立支援センター
退職金規定(退職金規程).com
借用書の書き方サポートセンター
埼玉県さいたま市会社設立センター
浮気の悩み相談
リストラ策導入センター
一般社団法人設立センター
紹介予定派遣許可申請センター
会社設立助成金センター
女性の転職相談室
会社定款作成センター
30代女性の転職相談室
20代女性の転職相談室
転職の面接対策センター
キャリアカウンセラーなかや事務所
自己PR作成代行
職務経歴書作成代行センター
志望動機作成代行
就活の家庭教師
中高年の転職の悩み相談室
就活塾
就活塾モバイル
エントリーシート作成代行


マスコミ取材・執筆のご依頼は↓
TEL:048(650)5139
E-mail:nakaya@careercafe.jp
NHK、ニッポン放送、週刊現代、サンデー毎日、BIG tomorrow、リクルートB-ing、アサヒ芸能、マイナビ転職など、数々の取材実績あり。
原則無料でお引き受け致します!
無料相談
就職活動・転職活動で困ったら

無料相談メールフォームまで

中谷に直接届きます!
広告
ご案内
転職者に優しい会社、
私の実感です




女性専用の転職サイト
女性コンサルがいるとのこと


メルマガ
『激辛面接官が語る、失敗しない転職活動のコツ』
(ID:0000201421) 読者登録解除フォーム

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。


登録フォーム






解除フォーム







『まぐまぐ!』から発行しています。

このブログでは書けない?転職ノウハウを赤裸々に語ります。
今すぐ登録を!
QRコード
QRコード
最新コメント
  • ライブドアブログ