転職の悩み相談

マイナビ転職の激辛面接官が語る間違いだらけの転職活動とは? 8冊もの就職・転職の書籍の出版実績があり、2万人を超える豊富なキャリアカウンセリング経験を持つプロのキャリアカウンセラーが、失敗しない転職活動のコツを書き綴ります。

メール

書留で送るべきか? 普通郵便で送るべきか?

有名転職サイト「マイナビ転職」で3代目激辛面接官を務め、

就職・転職関係の書籍を8冊上梓しています、

キャリアカウンセラー中谷です。


今までキャリア支援させていただいた方について、簡単に触れさせてください。

東証一部上場企業や有名企業の社員の方々は、それこそ多数で、

それ以外にも、医師、公認会計士、米国MBAホルダー、上場企業の代表取締役、

大手ブランドの代表取締役、メガバンクの部長、大手電機メーカーの部長、税理士、

TOEIC990点ホルダー、米国IT企業社員、政令指定都市職員、キャビンアテンダント、

といったいわゆるエグゼクティブ層から、

ブランクが2年空いている、転職回数が次で26回目になる、

半年で1,000社応募したが決まらない、もう65歳、72歳なので年齢ではじかれる、

といった転職・再就職苦戦組まで、

幅広い方々のキャリア支援をさせていただいた実績があります。



重版が決まりました!






105問もの想定質問と、それに対するNGとOKの回答例を掲載しています。

面接に悩む方はぜひ!








さて今月から再開したブログですが、

私がキャリア支援の第一線で経験してきたノウハウを、できるだけ包み隠さずに

公開していければと思っています。

そして今、公開しているネタは、私の7冊目の、この書籍からチョイスしています。






そういえば、先日、マイナビ転職で

http://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/shafu

取材を受けましたので、公開しておきますね。


********************************
応募書類のサンプルが欲しい方は↓
中高年向け職務経歴書のサンプル集
********************************


さて、今日のテーマは、

書留で送るべきか? 普通郵便で送るべきか?

です。

応募書類を郵送する場合、人生を左右する大事な書類だから、

普通郵便で送るのはビジネスマナー違反では?と感じる向きも多いようです。

そのため配達完了まで追跡できる書留で送る人もいらっしゃいます。

結論から言うと、応募先から特に指定がなければ、普通郵便で問題ありません。

ただ、心配ならば、書留で送るのもありでしょう。

ただし、必要もないのに料金の高い書留にしていると、コスト意識が低いと判断されることがあります。

また、郵便配達員から手渡しされるため、その受領サインや印鑑押印の作業も煩わしいと感じる人も

いる点は、覚えておいてください。

更に言うと、応募書類を期限内に送り届けるのが必須なのはおわかりでしょう。

そのため、期限ギリギリに送るのならば、速達を利用するのもありです。

郵送の場合、この送り方よりも、「切手不足」の方が深刻な問題です。

自宅に「郵便はかり」があるところは多くないでしょうから、

目分量で切手を貼ってポストに投函することになります。

しかし、これでは正確ではないので、切手不足になる危険性がある。

そうなると応募書類が返送されたり、先方に不足分を負担させたり、という羽目になり不採用直結。

これでは、せっかく時間をかけて作成した応募書類が水の泡です。

それなので、必ず郵便窓口に持ち込んで、適正な料金を支払って出すようにしてください。

日常は仕事で忙しくて郵便局に行けない、という人にとっては、

土・日や平日の遅い時間でも開いている「ゆうゆう窓口」というのがありますよ。


今日のまとめ

指定がなければ普通郵便でOK

  
・・・次号に続く・・・



もし自分の就職・転職活動がうまくいっていないようでしたら、ぜひ経験豊富な私にご連絡下さい。


きっと解決の糸口が見つかるはずです。


就職・転職に関するご相談につきましては、
初回無料相談メールフォームから、お申し込み下さい。





↓最後に私の運営するホームページのご紹介です。↓

中高年の転職の悩み相談は
中高年の転職の悩み相談室

女性のための転職支援サイト
女性の転職相談室

20代の女性の転職を支援するサイト
20代女性の転職相談室

30代の女性の転職を支援するサイト
30代女性の転職相談室

リストラに直面した方を支援するサイト
リストラ110番

面接が苦手な方に
転職の面接対策センター

自己PR作成代行なら
自己PR作成代行

職務経歴書作成代行なら
職務経歴書作成代行サービスセンター

志望動機作成代行なら
志望動機作成代行

エントリーシートの作成代行・添削なら
エントリーシート作成代行

応募書類は茶封筒に入れるのか? 白封筒に入れるのか?

有名転職サイト「マイナビ転職」で3代目激辛面接官を務め、

就職・転職関係の書籍を8冊上梓しています、

キャリアカウンセラー中谷です。


今までキャリア支援させていただいた方について、簡単に触れさせてください。

東証一部上場企業や有名企業の社員の方々は、それこそ多数で、

それ以外にも、医師、公認会計士、米国MBAホルダー、上場企業の代表取締役、

大手ブランドの代表取締役、メガバンクの部長、大手電機メーカーの部長、税理士、

TOEIC990点ホルダー、米国IT企業社員、政令指定都市職員、キャビンアテンダント、

といったいわゆるエグゼクティブ層から、

ブランクが2年空いている、転職回数が次で26回目になる、

半年で1,000社応募したが決まらない、もう65歳、72歳なので年齢ではじかれる、

といった転職・再就職苦戦組まで、

幅広い方々のキャリア支援をさせていただいた実績があります。



重版が決まりました!






105問もの想定質問と、それに対するNGとOKの回答例を掲載しています。

面接に悩む方はぜひ!








さて今月から再開したブログですが、

私がキャリア支援の第一線で経験してきたノウハウを、できるだけ包み隠さずに

公開していければと思っています。

そして今、公開しているネタは、私の7冊目の、この書籍からチョイスしています。






そういえば、先日、マイナビ転職で

http://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/shafu

取材を受けましたので、公開しておきますね。


********************************
応募書類のサンプルが欲しい方は↓
中高年向け職務経歴書のサンプル集
********************************


さて、今日のテーマは、

応募書類は茶封筒に入れるのか? 白封筒に入れるのか?

です。

ネット環境が整備された今も、応募書類は郵送してください、というところが多いのが実情です。

普段のビジネスシーンなら、会社の封筒を使えばいいだけのことですが、

いざ自分の転職活動となると、封筒選びにも頭を悩ませることでしょう。

さすがに常識を備えたみなさんなら、ピンクといった奇抜な色を選ぶことはないはず。

そこで封筒の色は、白がいいか、茶がいいか、ですが、結論から言うと、どちらでも構いません。

もちろん、そういった法律やルールもありません。

ただし、会社によっては古くからの慣習としている、お堅い規範があります。

「色付きの封筒を使うなんて・・・」と訝しく思われないよう、Yシャツの色は白を選択するのと同様、

白封筒を選ぶ方が無難と言えます。

それよりも封筒のサイズに気を配ってください。

定型の封筒にギュウギュウに応募書類を押し込んで送る人が多いのですが、これでは開封が大変で、

開封時に応募書類を傷つける恐れもあります。

それなので、A4サイズがスッポリ入る定形外封筒で送るようにしてください。

なお、白は透けやすい色ですので、厚手の中身が透けないタイプのものを選ぶようにしてください。

近くの文房具店には在庫がないかもしれませんが、今はネットで簡単に入手できますよ。


今日のまとめ

白封筒が無難

サイズや厚さにも配慮する

      
・・・次号に続く・・・



もし自分の就職・転職活動がうまくいっていないようでしたら、ぜひ経験豊富な私にご連絡下さい。


きっと解決の糸口が見つかるはずです。


就職・転職に関するご相談につきましては、
初回無料相談メールフォームから、お申し込み下さい。





↓最後に私の運営するホームページのご紹介です。↓

中高年の転職の悩み相談は
中高年の転職の悩み相談室

女性のための転職支援サイト
女性の転職相談室

20代の女性の転職を支援するサイト
20代女性の転職相談室

30代の女性の転職を支援するサイト
30代女性の転職相談室

リストラに直面した方を支援するサイト
リストラ110番

面接が苦手な方に
転職の面接対策センター

自己PR作成代行なら
自己PR作成代行

職務経歴書作成代行なら
職務経歴書作成代行サービスセンター

志望動機作成代行なら
志望動機作成代行

エントリーシートの作成代行・添削なら
エントリーシート作成代行

メールを送る際には、何に気をつければいいのか?

有名転職サイト「マイナビ転職」で3代目激辛面接官を務め、

就職・転職関係の書籍を8冊上梓しています、

キャリアカウンセラー中谷です。


今までキャリア支援させていただいた方について、簡単に触れさせてください。

東証一部上場企業や有名企業の社員の方々は、それこそ多数で、

それ以外にも、医師、公認会計士、米国MBAホルダー、上場企業の代表取締役、

大手ブランドの代表取締役、メガバンクの部長、大手電機メーカーの部長、税理士、

TOEIC990点ホルダー、米国IT企業社員、政令指定都市職員、キャビンアテンダント、

といったいわゆるエグゼクティブ層から、

ブランクが2年空いている、転職回数が次で26回目になる、

半年で1,000社応募したが決まらない、もう65歳、72歳なので年齢ではじかれる、

といった転職・再就職苦戦組まで、

幅広い方々のキャリア支援をさせていただいた実績があります。



重版が決まりました!






105問もの想定質問と、それに対するNGとOKの回答例を掲載しています。

面接に悩む方はぜひ!








さて今月から再開したブログですが、

私がキャリア支援の第一線で経験してきたノウハウを、できるだけ包み隠さずに

公開していければと思っています。

そして今、公開しているネタは、私の7冊目の、この書籍からチョイスしています。






そういえば、先日、マイナビ転職で

http://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/shafu

取材を受けましたので、公開しておきますね。


********************************
応募書類のサンプルが欲しい方は↓
中高年向け職務経歴書のサンプル集
********************************


さて、今日のテーマは、

メールを送る際には、何に気をつければいいのか?

です。

応募先との連絡は、電話よりもメールの方が、頻度が高いでしょう。

実際、求人に関する質疑応答や面接の日程調整だけでなく、

メール添付で履歴書、職務経歴書を送る場合もあります。

企業との接点は全て選考対象で、なおかつメールは記録に残りますから、

たった1通のメールの送信でもミスは許されないと思ってください。

まず送信や返信は間を置き過ぎないこと、素早い対応が大切です。

たとえば応募先から面接の候補日を提案されたのに返信が遅い、となれば、

当社の志望度は高くないと判断されてしまいます。

つい後回しにする人が多いのですが、メールは可及的速やかに送るようにしてください。

今の若者のように件名を省略する人はいないと思いますが、

「貴社営業職の応募書類送付の件」といったように、パッと見てわかる内容にして送りましょう。

たまに今の会社のメールアドレスを使う人を見かけますが、これは危険。

個人のメールアドレスを使ってください。なお、30代でもbakatono@〜やacchan-lave@〜みたいな、

砕け過ぎたメールアドレスを使っている人がいますが、もちろんNG。

GmailやYahoo!メールでいいのでメールアドレスを取り直してください。

ビジネスメールなので、電話や個人のスマートフォンに送る時と違い、

送信する時間帯は原則、気にしないで大丈夫です。

宛名間違いとか、アドレス間違いのように、メールでのミスは単純なものが多く、

何度も見直せば必ずミスは防げます。送信前には見直しを徹底してください。


今日のまとめ

メールは最も利用する連絡手段

送信前に見直してミスを防止

      
・・・次号に続く・・・



もし自分の就職・転職活動がうまくいっていないようでしたら、ぜひ経験豊富な私にご連絡下さい。


きっと解決の糸口が見つかるはずです。


就職・転職に関するご相談につきましては、
初回無料相談メールフォームから、お申し込み下さい。





↓最後に私の運営するホームページのご紹介です。↓

中高年の転職の悩み相談は
中高年の転職の悩み相談室

女性のための転職支援サイト
女性の転職相談室

20代の女性の転職を支援するサイト
20代女性の転職相談室

30代の女性の転職を支援するサイト
30代女性の転職相談室

リストラに直面した方を支援するサイト
リストラ110番

面接が苦手な方に
転職の面接対策センター

自己PR作成代行なら
自己PR作成代行

職務経歴書作成代行なら
職務経歴書作成代行サービスセンター

志望動機作成代行なら
志望動機作成代行

エントリーシートの作成代行・添削なら
エントリーシート作成代行

電話をかける際には、何に気をつければいいのか?

有名転職サイト「マイナビ転職」で3代目激辛面接官を務め、

就職・転職関係の書籍を8冊上梓しています、

キャリアカウンセラー中谷です。


今までキャリア支援させていただいた方について、簡単に触れさせてください。

東証一部上場企業や有名企業の社員の方々は、それこそ多数で、

それ以外にも、医師、公認会計士、米国MBAホルダー、上場企業の代表取締役、

大手ブランドの代表取締役、メガバンクの部長、大手電機メーカーの部長、税理士、

TOEIC990点ホルダー、米国IT企業社員、政令指定都市職員、キャビンアテンダント、

といったいわゆるエグゼクティブ層から、

ブランクが2年空いている、転職回数が次で26回目になる、

半年で1,000社応募したが決まらない、もう65歳、72歳なので年齢ではじかれる、

といった転職・再就職苦戦組まで、

幅広い方々のキャリア支援をさせていただいた実績があります。



重版が決まりました!






105問もの想定質問と、それに対するNGとOKの回答例を掲載しています。

面接に悩む方はぜひ!








さて今月から再開したブログですが、

私がキャリア支援の第一線で経験してきたノウハウを、できるだけ包み隠さずに

公開していければと思っています。

そして今、公開しているネタは、私の7冊目の、この書籍からチョイスしています。






そういえば、先日、マイナビ転職で

http://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/shafu

取材を受けましたので、公開しておきますね。


********************************
応募書類のサンプルが欲しい方は↓
中高年向け職務経歴書のサンプル集
********************************


さて、今日のテーマは、

電話をかける際には、何に気をつければいいのか?

です。

転職活動中には、応募先に電話するシーンが出てきます。

たとえば、応募に関して確認したいことがあるが、締切が迫っていてメールでやり取りしている時間がない、

連絡先は電話番号しか載っていない、といったケース。

また応募先から電話がかかってきて、出られずに折り返すシーンもあります。

電話をかける際に、まず気をつけなければならないのは、電波、バッテリー。

電波状態が悪くて途中で切れる、というのは、30代でも陥りやすいミス。

バッテリー不足も同じ。

会話中につながらなくなるのは、非常に印象が悪いので、細心の注意を払ってください。

社会人としては当たり前ですが時間帯も大事。

朝一番にかけるのはご法度。

午前中は朝の仕事が落ち着いた後の10時30分〜お昼前まで、

午後は昼一番を避けて14時〜17時くらいまでを推奨します。

会話の中での敬語の使い方も大事になってきますが、

中高年ならば普段のビジネストークができれば大丈夫でしょう。

最後に電話の切り方。

意外とできてない人が多いのですが、先方が切ってからゆっくりと切ります。

先に切って、そのノイズを先方に聞かせてしまうのはNGです。

企業との接点は全て選考対象になり得ます。

たかが電話、ではなく、最後の最後まで気を抜かないで、対応してください。


今日のまとめ

たかが電話と侮ることなかれ

      
・・・次号に続く・・・



もし自分の就職・転職活動がうまくいっていないようでしたら、ぜひ経験豊富な私にご連絡下さい。


きっと解決の糸口が見つかるはずです。


就職・転職に関するご相談につきましては、
初回無料相談メールフォームから、お申し込み下さい。





↓最後に私の運営するホームページのご紹介です。↓

中高年の転職の悩み相談は
中高年の転職の悩み相談室

女性のための転職支援サイト
女性の転職相談室

20代の女性の転職を支援するサイト
20代女性の転職相談室

30代の女性の転職を支援するサイト
30代女性の転職相談室

リストラに直面した方を支援するサイト
リストラ110番

面接が苦手な方に
転職の面接対策センター

自己PR作成代行なら
自己PR作成代行

職務経歴書作成代行なら
職務経歴書作成代行サービスセンター

志望動機作成代行なら
志望動機作成代行

エントリーシートの作成代行・添削なら
エントリーシート作成代行

応募前の事前電話や事前メールは必要なのか?

有名転職サイト「マイナビ転職」で3代目激辛面接官を務め、

就職・転職関係の書籍を8冊上梓しています、

キャリアカウンセラー中谷です。


今までキャリア支援させていただいた方について、簡単に触れさせてください。

東証一部上場企業や有名企業の社員の方々は、それこそ多数で、

それ以外にも、医師、公認会計士、米国MBAホルダー、上場企業の代表取締役、

大手ブランドの代表取締役、メガバンクの部長、大手電機メーカーの部長、税理士、

TOEIC990点ホルダー、米国IT企業社員、政令指定都市職員、キャビンアテンダント、

といったいわゆるエグゼクティブ層から、

ブランクが2年空いている、転職回数が次で26回目になる、

半年で1,000社応募したが決まらない、もう65歳、72歳なので年齢ではじかれる、

といった転職・再就職苦戦組まで、

幅広い方々のキャリア支援をさせていただいた実績があります。



重版が決まりました!






105問もの想定質問と、それに対するNGとOKの回答例を掲載しています。

面接に悩む方はぜひ!








さて今月から再開したブログですが、

私がキャリア支援の第一線で経験してきたノウハウを、できるだけ包み隠さずに

公開していければと思っています。

そして今、公開しているネタは、私の7冊目の、この書籍からチョイスしています。






そういえば、先日、マイナビ転職で

http://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/shafu

取材を受けましたので、公開しておきますね。


********************************
応募書類のサンプルが欲しい方は↓
中高年向け職務経歴書のサンプル集
********************************


さて、今日のテーマは、

応募前の事前電話や事前メールは必要なのか?

です。

中高年となると事前にアポをとる癖が身についているためか、

応募前に事前の連絡をするのが、ビジネスマナーだと勘違いしている人がいます。

もちろん、求人について質問がある、「応募の際には、まずお電話ください」といった指示がある、

といったケースは、事前連絡が必要なのは言うまでもありません。

一方で、何でもかんでも事前に連絡すればいい、というわけではありません。

「今から応募する山直です!」みたいな意味のない無駄な連絡や、

営業畑を歩んでいる人なら「私は凄い営業実績がある!」といった売り込みの連絡をついしがち。

しかし、忙しい採用担当にとっては迷惑千万な行為。

かえってマイナス印象につながるリスクが高くなります。

また、ついその電話の中で「今、応募ってたくさん来ているのですか?」と

内情を探ろうとする人がいますが、なぜあなたに機密情報を教えなければならないのか? 

と採用担当者をイラつかせるだけ。絶対にやめておいてください。

応募する際は、求人情報に掲載されている応募手順に従って、粛々と進めればいいだけのこと。

その手順が曖昧だったり、わからない場合のみ、事前に連絡して確認してください。

なお、この場合、連絡方法には気を付けること。ある超人気企業だと、

「電話でのお問い合わせは受け付けておりません。必ずメールで・・・」と、

連絡方法を厳密に規定しています。

これも誤ると、マイナス印象、注意してください。


今日のまとめ

応募前の連絡は原則不要

      
・・・次号に続く・・・



もし自分の就職・転職活動がうまくいっていないようでしたら、ぜひ経験豊富な私にご連絡下さい。


きっと解決の糸口が見つかるはずです。


就職・転職に関するご相談につきましては、
初回無料相談メールフォームから、お申し込み下さい。





↓最後に私の運営するホームページのご紹介です。↓

中高年の転職の悩み相談は
中高年の転職の悩み相談室

女性のための転職支援サイト
女性の転職相談室

20代の女性の転職を支援するサイト
20代女性の転職相談室

30代の女性の転職を支援するサイト
30代女性の転職相談室

リストラに直面した方を支援するサイト
リストラ110番

面接が苦手な方に
転職の面接対策センター

自己PR作成代行なら
自己PR作成代行

職務経歴書作成代行なら
職務経歴書作成代行サービスセンター

志望動機作成代行なら
志望動機作成代行

エントリーシートの作成代行・添削なら
エントリーシート作成代行

メールが使えないのは痛い

cc871b29.jpg有名転職サイト「マイナビ転職」で3代目激辛面接官を務めましたキャリアカウンセラーの中谷です。


キャリアカウンセラーの募集です。
http://blog.livedoor.jp/happy_career/archives/51637249.html



新刊が出ました。



就活面接本なので、このブログの読者とは関連が薄いと思いますが、

興味を持たれた方はぜひ。

書店でお手に取ってみてください。






さて、今回は中高年のITリテラシーついて。


当事務所では面談予約を必ずメールで行うように

しています。


音声ですと聞き違いが起こりますし、

証拠も残りませんからね。



それで今私が問題視しているのは、

メールが使えない、という

中高年が一定数いることです。



転職活動だけでなく、ビジネス上でも明らかに不利。


一刻も早く使えるようにすることなのに、

「メールやらないんで・・・」と

開き直るような態度の方もいらっしゃいます。



□ちょっとPR!私がお勧めする転職に有益な情報サイト■

↓私が激辛面接官でお世話になった毎日コミュニケーションズさんです。
毎日キャリアバンク


↓女性のキャリアカウンセラーがいらっしゃる、女性専用の転職サイト。
毎日キャリアバンクの『ウーマンウィル』



□□□□■□□

たとえば、転職に関する相談の申し込みについて、

後でメールで詳細な情報をください、といっても、

それができないことを逆手にとって、

こちらの都合を考えずに

電話でひたすら自分のことを延々と話し続ける

傾向があります。


相談は完全予約制をとっておりますが、

これはきちんと話を聴く体制をとらないと、

失礼ですし、正しいジャッジができなくなるからです。



赤の他人の転職相談を無料で、即対応することは、

物理的に難しいし、普通に考えたらわかるはず。


でもそういった意識って、持っていない。

このようにマナーや礼節を欠いた方が、

転職がうまくいくなんて考えにくい。



決まらないで焦る気持ちはわかりますが、

せめてメールは使えるようにして、

最低限の礼儀マナーはきちんと守りましょう。



人間は慣習の動物、

こういった悪しき癖がついた人は、

企業側は採用しませんよ。


・・・次号に続く・・・



もし自分の就職・転職活動がうまくいっていないようでしたら、ぜひ経験豊富な私にご連絡下さい。


きっと解決の糸口が見つかるはずです。




就職・転職に関するご相談につきましては、
初回無料相談メールフォームから、お申し込み下さい。


コメントやトラックバックもお待ちしています。
できる限りご返信します!



↓最後に私の運営するホームページのご紹介です。↓

職務経歴書作成代行、職務経歴書の添削なら
キャリアカウンセラーなかや事務所

女性のための転職支援サイト
女性の転職相談室

20代の女性の転職を支援するサイト
20代女性の転職相談室

30代の女性の転職を支援するサイト
30代女性の転職相談室

リストラに直面した方を支援するサイト
リストラ110番

起業を志し株式会社を設立するなら
株式会社設立支援センター

転職活動のマンツーマンコーチなら
マンツーマンの転職支援

面接が苦手な方に
転職の面接対策センター

自己PR作成代行なら
自己PR作成代行

職務経歴書作成代行なら
職務経歴書作成代行サービスセンター

志望動機作成代行なら
志望動機作成代行

就職活動の家庭教師なら
就活の家庭教師

中高年の転職の悩み相談は
中高年の転職の悩み相談室

就職活動を支援する塾
就活塾

エントリーシートの作成代行・添削なら
エントリーシート作成代行

連絡方法は、電話かメールか?

cc871b29.jpg有名転職サイト「マイナビ転職」で3代目激辛面接官を務めましたキャリアカウンセラーの中谷です。




ここのところ、ちょっと更新サボり気味です。でも毎日読んでもらえるとうれしいです。




さて今回は連絡方法について。


たとえば、人事から面接日を決めるために、

複数の応募者にスケジュール案をメールで

送ったとします。


そうすると、朝の忙しい時間帯に、

電話がかかってくるんですね。


何日は午後だったらOK、

何日だったら午前11時までしかNG、

といった具合に。


スケジュール調整がつかない等の、

相談の電話だったらわかるのです。



口頭でやり取りすると聞き違い等が

発生するので、こちらはわざわざメールで

送っているのですが、

わざわざこの内容を電話で回答してくることが

私にはわからないのです。



□ちょっとPR!私がお勧めする転職に有益な情報サイト■

↓私が激辛面接官でお世話になった毎日コミュニケーションズさんです。
毎日キャリアバンク


↓女性のキャリアカウンセラーがいらっしゃる、女性専用の転職サイト。
毎日キャリアバンクの『ウーマンウィル』



□□□□■□□

で、電話を受けた後、スケジュール調整し

決定した面接日時をまたメール

で送っています。


電話すべき場合をメールで済ませたり、

逆にメールでいい場合をわざわざ電話したり、

何かズレている感じがします。


こういった方って、やっぱり評価できない。


連絡方法について、再度見直してみてください。


PS
ツイッター始めました。

https://twitter.com/nakayamitsuhiro

ここでは就職・転職について私が好き勝手に発言しています。
よかったら覗いてください。



↓この記事が参考になりましたらクリック願います!
blogram投票ボタン


・・・次号に続く・・・



もし自分の就職・転職活動がうまくいっていないようでしたら、ぜひ経験豊富な私にご連絡下さい。


きっと解決の糸口が見つかるはずです。




就職・転職に関するご相談につきましては、
初回無料相談メールフォームから、お申し込み下さい。


コメントやトラックバックもお待ちしています。
できる限りご返信します!



↓最後に私の運営するホームページのご紹介です。↓

職務経歴書作成代行、職務経歴書の添削なら
キャリアカウンセラーなかや事務所

女性のための転職支援サイト
女性の転職相談室

20代の女性の転職を支援するサイト
20代女性の転職相談室

30代の女性の転職を支援するサイト
30代女性の転職相談室

リストラに直面した方を支援するサイト
リストラ110番

起業を志し株式会社を設立するなら
株式会社設立支援センター

履歴書・職務経歴書の書き方のコツなら
履歴書・職務経歴書の書き方のコツ

面接が苦手な方に
転職の面接対策センター

自己PR作成代行なら
自己PR作成代行

職務経歴書作成代行なら
職務経歴書作成代行サービスセンター

志望動機作成代行なら
志望動機作成代行

就職活動の家庭教師なら
就活の家庭教師

中高年の転職の悩み相談は
中高年の転職の悩み相談室

就職活動を支援する塾
就活塾

エントリーシートの作成代行・添削なら
エントリーシート作成代行

繰り返し注意したいこと!

cc871b29.jpg有名転職サイト「マイナビ転職」で3代目激辛面接官を務めましたキャリアカウンセラーの中谷です。




ここのところ、毎日頑張って更新しています。毎日読んでもらえるとうれしいです。




さて今回はメールアドレスについて。



今は面接日程の連絡などを、メールで行う企業が多くなりました。



で、問題なのが、メールアドレス。



出先やケータイで確認できるから、という理由で、Yahoo!メールなどのウェブメールを使っている人が多く見受けられます。



でもウェブメールは・・・



□ちょっとPR!私がお勧めする転職に有益な情報サイト■

↓私が激辛面接官でお世話になった毎日コミュニケーションズさんです。
毎日キャリアバンク


↓女性のキャリアカウンセラーがいらっしゃる、女性専用の転職サイト。
毎日キャリアバンクの『ウーマンウィル』



□□□□■□□


でもウェブメールはイマイチ信用性がない。



そのメールアドレスに送っても着かなかったり、迷惑メールホルダーに格納されたり等、重要なやり取りをするのには向いていないと思います。



私のクライアント様とのやり取りでも、送った、着いていないでトラブってしまったことがあります。



以前にもウェブメールの危険性を指摘させていただきました。



再度、履歴書にメールアドレスを書くときは、極力ウェブメールは避けましょう。




就職・転職活動に行き詰ったら、専門家に相談を!

初回無料相談メールフォーム


↓この記事が参考になりましたらクリック願います!
blogram投票ボタン


・・・次号に続く・・・



もし自分の就職・転職活動がうまくいっていないようでしたら、ぜひ経験豊富な私にご連絡下さい。


きっと解決の糸口が見つかるはずです。




就職・転職に関するご相談につきましては、
初回無料相談メールフォームから、お申し込み下さい。


コメントやトラックバックもお待ちしています。
できる限りご返信します!



↓最後に私の運営するホームページのご紹介です。↓

職務経歴書作成代行、職務経歴書の添削なら
キャリアカウンセラーなかや事務所

女性のための転職支援サイト
女性の転職相談室

20代の女性の転職を支援するサイト
20代女性の転職相談室

30代の女性の転職を支援するサイト
30代女性の転職相談室

リストラに直面した方を支援するサイト
リストラ110番

起業を志し株式会社を設立するなら
株式会社設立支援センター

履歴書・職務経歴書の書き方のコツなら
履歴書・職務経歴書の書き方のコツ

面接が苦手な方に
転職の面接対策センター

自己PR作成代行なら
自己PR作成代行

職務経歴書作成代行なら
職務経歴書作成代行サービスセンター
プロフィール
私の出版
運営サイト
<中谷充宏運営サイト>
ツイッター
M&Nコンサルティング
1円からはじめる起業成功法
残業代削減対策室
就業規則ナビ
リストラ110番
激辛面接官の就職・転職のコツ
天職成功法
合同会社設立支援センター
株式会社設立支援センター
改正雇用安定法の対応
特定労働者派遣事業届出センター
探偵業届出サポートセンター
一般労働者派遣事業許可申請センター
埼玉NPO法人設立支援センター
退職金規定(退職金規程).com
借用書の書き方サポートセンター
埼玉県さいたま市会社設立センター
浮気の悩み相談
リストラ策導入センター
一般社団法人設立センター
紹介予定派遣許可申請センター
会社設立助成金センター
女性の転職相談室
会社定款作成センター
30代女性の転職相談室
20代女性の転職相談室
転職の面接対策センター
キャリアカウンセラーなかや事務所
自己PR作成代行
職務経歴書作成代行センター
志望動機作成代行
就活の家庭教師
中高年の転職の悩み相談室
就活塾
就活塾モバイル
エントリーシート作成代行


マスコミ取材・執筆のご依頼は↓
TEL:048(650)5139
E-mail:nakaya@careercafe.jp
NHK、ニッポン放送、週刊現代、サンデー毎日、BIG tomorrow、リクルートB-ing、アサヒ芸能、マイナビ転職など、数々の取材実績あり。
原則無料でお引き受け致します!
無料相談
就職活動・転職活動で困ったら

無料相談メールフォームまで

中谷に直接届きます!
広告
ご案内
転職者に優しい会社、
私の実感です




女性専用の転職サイト
女性コンサルがいるとのこと


メルマガ
『激辛面接官が語る、失敗しない転職活動のコツ』
(ID:0000201421) 読者登録解除フォーム

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。


登録フォーム






解除フォーム







『まぐまぐ!』から発行しています。

このブログでは書けない?転職ノウハウを赤裸々に語ります。
今すぐ登録を!
QRコード
QRコード
最新コメント
  • ライブドアブログ