有名転職サイト「マイナビ転職」で3代目激辛面接官を務め、

就職・転職関係の書籍を8冊上梓しています、

キャリアカウンセラー中谷です。


今までキャリア支援させていただいた方について、簡単に触れさせてください。

東証一部上場企業や有名企業の社員の方々は、それこそ多数で、

それ以外にも、医師、公認会計士、米国MBAホルダー、上場企業の代表取締役、

大手ブランドの代表取締役、メガバンクの部長、大手電機メーカーの部長、税理士、

TOEIC990点ホルダー、米国IT企業社員、政令指定都市職員、キャビンアテンダント、

といったいわゆるエグゼクティブ層から、

ブランクが2年空いている、転職回数が次で26回目になる、

半年で1,000社応募したが決まらない、もう65歳、72歳なので年齢ではじかれる、

といった転職・再就職苦戦組まで、

幅広い方々のキャリア支援をさせていただいた実績があります。



重版が決まりました!






105問もの想定質問と、それに対するNGとOKの回答例を掲載しています。

面接に悩む方はぜひ!








さて今月から再開したブログですが、

私がキャリア支援の第一線で経験してきたノウハウを、できるだけ包み隠さずに

公開していければと思っています。

そして今、公開しているネタは、私の7冊目の、この書籍からチョイスしています。






そういえば、先日、マイナビ転職で

http://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/shafu

取材を受けましたので、公開しておきますね。


********************************
応募書類のサンプルが欲しい方は↓
中高年向け職務経歴書のサンプル集
********************************


さて、今日のテーマは、

職務経歴書って、そもそも何なのか?

です。

仕事の経験は十分に積んできている30代40代の方であっても、

初めての転職であれば職務経歴書を書いたことは無いはず。

おそらく、履歴書とは違い「書き方は自由」なだけに、職務経歴書の作成には苦戦することでしょう。

ましてや、キャリア採用の場合もっとも大切な応募書類がこれなわけですから、

仕上がりに妥協は許されません。

職務経歴書は、履歴書と必ずセットで提出します。

そして言うまでもなく「自身の経歴を普通にまとめれば良い」というものではない。

経歴の整理にとどまらず、自己PRや誇るべき実績、保有するスキルといった

自身の「売り」となる情報を盛り込むのがセオリー。

つまりこれは、「自身の販促用パンフレット」なのです。

職務経歴書の作成方法なのですが、まず上部に「作成日付、タイトル、氏名」といったヘッダーを入れます。

そしてその下に、「●職務要約、●職務詳細、●貴社で活かせるスキル・経験、●自己PR」という4つの項目に

分けて記載します。

例えば、3つ目の項目である「●貴社で活かせるスキル・経験」の場合は、

応募先の企業で活かせそうなものを選択してアピール。

文章で書くよりも、箇条書きの方がわかりやすいです。

4つの項目に盛り込む内容が固まったら、最後に組み上げて全体のバランスを整えます。

そうすると、きちんとした職務経歴書ができあがるというわけです。

この作り方、自信を持ってお勧めします。

ぜひ、チャレンジしてみてください。

どうしても書けない人は、弊所が展開するサービス、職務経歴書の作成代行という方法もあります。


今日のまとめ

職務経歴書は最も重要な書類

仕上がりに妥協は許されない




・・・次号に続く・・・



もし自分の就職・転職活動がうまくいっていないようでしたら、ぜひ経験豊富な私にご連絡下さい。


きっと解決の糸口が見つかるはずです。


就職・転職に関するご相談につきましては、
初回無料相談メールフォームから、お申し込み下さい。





↓最後に私の運営するホームページのご紹介です。↓

中高年の転職の悩み相談は
中高年の転職の悩み相談室

女性のための転職支援サイト
女性の転職相談室

20代の女性の転職を支援するサイト
20代女性の転職相談室

30代の女性の転職を支援するサイト
30代女性の転職相談室

リストラに直面した方を支援するサイト
リストラ110番

面接が苦手な方に
転職の面接対策センター

自己PR作成代行なら
自己PR作成代行

職務経歴書作成代行なら
職務経歴書作成代行サービスセンター

志望動機作成代行なら
志望動機作成代行

エントリーシートの作成代行・添削なら
エントリーシート作成代行