有名転職サイト「マイナビ転職」で3代目激辛面接官を務め、

就職・転職関係の書籍を8冊上梓しています、

キャリアカウンセラー中谷です。


今までキャリア支援させていただいた方について、簡単に触れさせてください。

東証一部上場企業や有名企業の社員の方々は、それこそ多数で、

それ以外にも、医師、公認会計士、米国MBAホルダー、上場企業の代表取締役、

大手ブランドの代表取締役、メガバンクの部長、大手電機メーカーの部長、税理士、

TOEIC990点ホルダー、米国IT企業社員、政令指定都市職員、キャビンアテンダント、

といったいわゆるエグゼクティブ層から、

ブランクが2年空いている、転職回数が次で26回目になる、

半年で1,000社応募したが決まらない、もう65歳、72歳なので年齢ではじかれる、

といった転職・再就職苦戦組まで、

幅広い方々のキャリア支援をさせていただいた実績があります。



重版が決まりました!






105問もの想定質問と、それに対するNGとOKの回答例を掲載しています。

面接に悩む方はぜひ!








さて今月から再開したブログですが、

私がキャリア支援の第一線で経験してきたノウハウを、できるだけ包み隠さずに

公開していければと思っています。

そして今、公開しているネタは、私の7冊目の、この書籍からチョイスしています。






そういえば、先日、マイナビ転職で

http://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/shafu

取材を受けましたので、公開しておきますね。


********************************
応募書類のサンプルが欲しい方は↓
中高年向け職務経歴書のサンプル集
********************************


さて、今日のテーマは、

応募書類は、いったい何を用意すればいいのか?

です。

転職活動を始めるにあたって、事前に応募書類を用意しておく必要があるのは自明の理。

その中でキャリアがある30代にとっては、履歴書だけでなく職務経歴書の用意は必須。

これは書類選考時には履歴書より重要度が高い書類と心得ておいてください。

それでは履歴書、職務経歴書の2大書類だけ用意すれば万全か?というと、決してそうではありません。

実際の応募となると、WEBレジュメというWEB版の履歴書・職務経歴書や添え状、

更には自己PR書、志望動機書、企業から課されるエントリーシート、課題作文といったものが

必要になる場合があります。

しかし、まだ具体的な応募先が決まっていないのに、書類の準備が難しい部分もある。

まず志望動機書は書けませんからね。それなので、相手が決まってなくても、

準備できるものを最初に作成します。具体的に言うと、履歴書、職務経歴書、WEBレジュメの3つになります。

まずベースになるものを作成して、これらも応募先が明確になってきた時点で、

応募先に合わせてカスタマイズします。

具体的には、応募先の求人の求める人物像に合わせて、

職務経歴書の中の経歴や自己PR等を編集するのです。

なお、いつ大学を出たとか、いつ会社を辞めたとか、といった経歴事実は、編集しようがありません。

事実と違う内容を書くと経歴詐称につながりますので、注意してください。


今日のまとめ

まずベースになるものを準備

応募先が決まったらカスタマイズ

  
・・・次号に続く・・・



もし自分の就職・転職活動がうまくいっていないようでしたら、ぜひ経験豊富な私にご連絡下さい。


きっと解決の糸口が見つかるはずです。


就職・転職に関するご相談につきましては、
初回無料相談メールフォームから、お申し込み下さい。





↓最後に私の運営するホームページのご紹介です。↓

中高年の転職の悩み相談は
中高年の転職の悩み相談室

女性のための転職支援サイト
女性の転職相談室

20代の女性の転職を支援するサイト
20代女性の転職相談室

30代の女性の転職を支援するサイト
30代女性の転職相談室

リストラに直面した方を支援するサイト
リストラ110番

面接が苦手な方に
転職の面接対策センター

自己PR作成代行なら
自己PR作成代行

職務経歴書作成代行なら
職務経歴書作成代行サービスセンター

志望動機作成代行なら
志望動機作成代行

エントリーシートの作成代行・添削なら
エントリーシート作成代行