有名転職サイト「マイナビ転職」で3代目激辛面接官を務め、

就職・転職関係の書籍を8冊上梓しています、

キャリアカウンセラー中谷です。


今までキャリア支援させていただいた方について、簡単に触れさせてください。

東証一部上場企業や有名企業の社員の方々は、それこそ多数で、

それ以外にも、医師、公認会計士、米国MBAホルダー、上場企業の代表取締役、

大手ブランドの代表取締役、メガバンクの部長、大手電機メーカーの部長、税理士、

TOEIC990点ホルダー、米国IT企業社員、政令指定都市職員、キャビンアテンダント、

といったいわゆるエグゼクティブ層から、

ブランクが2年空いている、転職回数が次で26回目になる、

半年で1,000社応募したが決まらない、もう65歳、72歳なので年齢ではじかれる、

といった転職・再就職苦戦組まで、

幅広い方々のキャリア支援をさせていただいた実績があります。



重版が決まりました!






105問もの想定質問と、それに対するNGとOKの回答例を掲載しています。

面接に悩む方はぜひ!








さて今月から再開したブログですが、

私がキャリア支援の第一線で経験してきたノウハウを、できるだけ包み隠さずに

公開していければと思っています。

そして今、公開しているネタは、私の7冊目の、この書籍からチョイスしています。






そういえば、先日、マイナビ転職で

http://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/shafu

取材を受けましたので、公開しておきますね。


********************************
応募書類のサンプルが欲しい方は↓
中高年向け職務経歴書のサンプル集
********************************


さて、今日のテーマは、

応募前の事前電話や事前メールは必要なのか?

です。

中高年となると事前にアポをとる癖が身についているためか、

応募前に事前の連絡をするのが、ビジネスマナーだと勘違いしている人がいます。

もちろん、求人について質問がある、「応募の際には、まずお電話ください」といった指示がある、

といったケースは、事前連絡が必要なのは言うまでもありません。

一方で、何でもかんでも事前に連絡すればいい、というわけではありません。

「今から応募する山直です!」みたいな意味のない無駄な連絡や、

営業畑を歩んでいる人なら「私は凄い営業実績がある!」といった売り込みの連絡をついしがち。

しかし、忙しい採用担当にとっては迷惑千万な行為。

かえってマイナス印象につながるリスクが高くなります。

また、ついその電話の中で「今、応募ってたくさん来ているのですか?」と

内情を探ろうとする人がいますが、なぜあなたに機密情報を教えなければならないのか? 

と採用担当者をイラつかせるだけ。絶対にやめておいてください。

応募する際は、求人情報に掲載されている応募手順に従って、粛々と進めればいいだけのこと。

その手順が曖昧だったり、わからない場合のみ、事前に連絡して確認してください。

なお、この場合、連絡方法には気を付けること。ある超人気企業だと、

「電話でのお問い合わせは受け付けておりません。必ずメールで・・・」と、

連絡方法を厳密に規定しています。

これも誤ると、マイナス印象、注意してください。


今日のまとめ

応募前の連絡は原則不要

      
・・・次号に続く・・・



もし自分の就職・転職活動がうまくいっていないようでしたら、ぜひ経験豊富な私にご連絡下さい。


きっと解決の糸口が見つかるはずです。


就職・転職に関するご相談につきましては、
初回無料相談メールフォームから、お申し込み下さい。





↓最後に私の運営するホームページのご紹介です。↓

中高年の転職の悩み相談は
中高年の転職の悩み相談室

女性のための転職支援サイト
女性の転職相談室

20代の女性の転職を支援するサイト
20代女性の転職相談室

30代の女性の転職を支援するサイト
30代女性の転職相談室

リストラに直面した方を支援するサイト
リストラ110番

面接が苦手な方に
転職の面接対策センター

自己PR作成代行なら
自己PR作成代行

職務経歴書作成代行なら
職務経歴書作成代行サービスセンター

志望動機作成代行なら
志望動機作成代行

エントリーシートの作成代行・添削なら
エントリーシート作成代行